モーターちゃんねる -自動車系まとめブログ-

自動車に関連した情報・ネタなどをまとめます

    カテゴリ: ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    MT車がバカ売れ…ホンダ シビック 新型、受注の半数がMT車に

    1: 2017/11/18(土) 12:15:47.06 ID:gdJnx/dv0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    9月に発売したホンダの新型『シビック』が好調だ。シリーズ全体の10月までの累計受注が、1万2000台を超えたという。
    さらに、ハッチバック車に設定されるMT(マニュアル・トランスミッション)車の受注比率が約35%、およそ2100台にものぼる人気となっていることがわかった。
    これは高性能スポーツ車「タイプR」を除いた数字である。

    no title


    10代目となる新型シビックは、Cセグメントでトップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、プラットフォーム(車体)から全面刷新。
    セダン、ハッチバック、そしてタイプRとの同時開発とすることで、高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディを共有しベース車の性能を向上、
    スポーツ車に求められる限界性能を高めることに成功した。

    ホンダの八郷隆弘社長は新型シビックの発売に際し、「シビックは、ホンダらしさを象徴するクルマ。台数が出るとは思っていないが、
    ホンダらしさを日本のお客様にも見て頂かなければ、という思いから日本での販売を決めた」と語っていた。
    シリーズの月販目標台数は2000台としているが、発売から実質1か月で1万2000台を受注。予想以上の反響にホンダ社内でも驚きの声があがったという。

    さらに予想以上だったのが、MT車の人気だ。1万2000台のうち約半数がハッチバックで、うち35%がMT車となっている。
    MT車のみのタイプRと合わせると、シリーズ全体の半数近くにものぼる。現在MT車をラインアップするメーカーは数少ない。
    比較的スポーツ色を打ち出しているホンダでも、『S660』と『フィットRS』に設定があるのみだ。スポーツ走行をしたいという目的だけでなく、
    普段の運転でもMTが良い、という一定のユーザーの要求に対し、新型シビックが“刺さった”ということだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000002-rps-ind



    【【ホンダ】新型シビック(MT)がバカ売れwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/06(月) 20:08:56.28 ID:Ddsi6tJcp
    ちな車検付き


    【20万円の車を買うか検討中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/11(土) 21:52:50.32 ID:leN6R1dZ01111
    R35設計チーフ水野の衝撃K-CARインタビュー
    N-BOX:
    軽もここまで来たかという感じ。
    値段をみても分かるがもはやサイズ感以外は一般ナンバーと何も変わらない。フレンドリーな設計。売れる理由が分かった。

    タントカスタム:
    これは自動車ではなく家電。非常に広く、なんでも運べる利便性がある。シート動作やドアも軽く、老若男女が使える。
    私としては自動車としては評価したくないが、冷蔵庫、テレビ、ラジオ、タント という並びならこれ以上ないほどの家電だと思う。

    ハスラー:
    少し狭いのが気になるが、ポップなデザインと日常の使いやすさをうまく両立させていると思う。
    4WD設定は○だがSUV用途を推すほどのシャシー剛性には感じない。

    アルトRS:
    ハンドルを握ると、脳裏に開発者達が顔をしわくちゃにしながら苦労している光景が浮かぶ。
    ユーザーに苦労をかけないよう設計されているのが分かる。
    車体が軽いこともあいまって加速がすごい。60km/hまでの日常加速はスポーツカー顔負けでは。

    コペン・ローブ:
    排気音が良い。フロントからリアまでギッシリ詰め込まれたマシンが心を満たす。
    狭さと振動、クローズ時の屋根の音が気になるが、喜びが上回る。走りもいい。高いシャシー剛性が一体感を生んでいる。
    塊のようでいて流れるようなビジュアルは未来的で美しい。世界に誇って良い車だ。
    ただし、後続車のライトを反射させやすいミラーは改善すべきと思う。

    キャスト:
    ビジュアル重視の営業文句の割に琴線には触れない。
    コペンと同じ足回り?信じられない。内装も良くない。走りもレスポンスが良くない。これでは買う人はいない。

    S660:
    羊が狼の皮を被っても羊でしかない。
    足回りを固くすればスポーティになるという幻想を捨てて欲しい。ネオバのタイヤに全てを放り投げている。
    人間が乗ることを前提に設計しているとは思えない居住性に、わずか10センチしかない後方確認窓はとても21世紀の自動車とは思えない。



    【【悲報】日産GT-R開発者、ホンダ車をこき下ろしてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/07(火) 21:18:09.69 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

    1位:N-BOX(ホンダ)2万1234台(52.9%増)
    2位:ムーヴ(ダイハツ)1万3972台(11.8%増)
    3位:タント(ダイハツ)1万0660台(1.0%増)
    4位:アクア(トヨタ)1万0031台(19.6%減)
    5位:プリウス(トヨタ)1万0014台(28.7%減)
    6位:ワゴンR(スズキ)8801台(48.4%増)
    7位:ミラ(ダイハツ)7483台(46.0%増)
    8位:ヴォクシー(トヨタ)7417台(6.5%減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7090台
    10位:フリード(ホンダ)7060台(22.9%減)

    http://response.jp/article/2017/11/07/302181.html
    http://response.jp/imgs/thumb_h2/1243349.jpg



    【新車販売 ホンダN-BOXが大差圧勝 日産消える・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/10/14(土) 22:59:10.68 ID:VQD1XmO30 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    トップ奪還も夢じゃない!? ホンダ・ステップワゴンSPADAハイブリッドが大胆無敵に変身!

    ステップワゴンは大胆なマイナーチェンジを果たしました。同モデルの主流(販売の8割を占める)というSPADA(スパーダ)に、オデッセイ譲りの2.0リッター「スポーツハイブリッド i-MMD」を与え、さらにフロントマスクを押し出しの強いデザインにガラリと変えてきたのです。

    今回、その新しく生まれ変わったステップワゴン・スパーダ・ハイブリッドに高速道路から市街地、ワインディングまで幅広いシチュエーションで試乗することができました。

    大きなグリルが食い込むようにデザインされた新しいLEDヘッドライトを持つフロントマスクは、これまたMクラスミニバンのトレンドに則ったもので、従来のステップワゴン・スパーダが持っていたスポーティなフォルムから一変。ワンクラス上の存在感を示しているよう。

    そして、新搭載されたハイブリッドによる走りもクラスを超えたものとなっています。

    JC08モード燃費25.0km/L、新基準であるWLTCモードでは20.0km/Lとなっているハイブリッドユニットは、燃費性能だけがセールスポイントではありません。2.0リッターアトキンソンサイクルDOHCエンジンに、2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは発生する最大出力は158kW、最大トルクは315Nmと、3.0リッターNAエンジン並の数値。

    しかも常用域においてはエンジンで発電モーター回し、駆動モーターでタイヤを回す2モーターハイブリッドというのは、その仕組みから変速ショックがゼロで、シームレスな加速が味わえます。発進時に最大トルクを発生できるモーター駆動のメリットと相まって、その加速感は爽快そのもの。

    新しいハイブリッドではACCが全車速域対応になったことで、渋滞時の疲労軽減にも役立ってくれるはずです。なお、ACCを設定できる上限速度は135km/hとなりました。LKASもその上限速度までは機能するよう進化しています。
    https://youtu.be/QXN4ATnKtnw



    https://clicccar.com/2017/10/14/520368/
    no title

    no title



    【新型ステップワゴンがやばい www 】の続きを読む

    このページのトップヘ