モーターちゃんねる -自動車系まとめブログ-

自動車に関連した情報・ネタなどをまとめます

    カテゴリ: スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/19(日) 23:30:05.47 ID:CAP_USER9
    スズキが公開した「XBEE(クロスビー)」の特設サイト
    https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1092/302/222_l.JPG

    スズキ 新型クロスビー ティザーサイト
    http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/special/teaser/

     スズキは11月17日、新型モデル「XBEE(クロスビー)」の特設サイトを公開した。クロスビーは東京モーターショーに参考出品されていたモデルで、大人5人が乗れる小型クロスオーバーワゴンとして登場が予告されていた。

     特設サイトの情報によると、クロスビーはISG(モーター機能付発電機)を使用したマイルドハイブリッドを採用する1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速ATが組み合わされ、駆動方式は2WDと4WDが用意される。

     グレードは「ハイブリッド MX」「ハイブリッド MZ」の2タイプが用意され、上位グレードのハイブリッド MZでは「SRSカーテンエアバッグ」「フロントシートSRSサイドエアバッグ」「デュアルセンサーブレーキサポート」などの安全装備のほか「LEDヘッドライト」「LEDフロントフォグランプ」「クルーズコントロールシステム」などの装備を採用する。

     また、4WDモデルでは「スポーツ」「スノー」の走行モードに加えて、ぬかるみなどでの発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を制御する「ヒルディセントコントロール」といった機能を採用している。

     なお、特設サイトでは発売前にクロスビーの商品特徴を紹介するとともに、発売後の本カタログ予約を受け付けている。

    東京モーターショー2017に参考出品されたクロスビー
    no title


    配信2017年11月17日 20:33
    Car Watch
    no title



    【スズキ、発売前の新型「クロスビー」の特設サイト公開 大人5人が乗れる小型クロスオーバーワゴン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    carlineup_aqua_grade_top_pic_03
    トヨタ アクア (画像出典:http://toyota.jp/


    1: 2017/11/11(土) 08:27:48.44 ID:/LYFci9w0
    金貯まったらスイスポ買おうと思ってたけどこっち買った方がええよな


    【ガチでアクアって値段お手頃だし燃費いいし最高の車なんやないか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    facebook_icon
    画像出典:http://www.suzuki.co.jp/


    1: 2017/11/10(金) 03:34:10.08 ID:Jzl264wl0
    【普通車】
    ソリオ:950kg
    スイフト:930kg
    イグニス:880kg

    【軽自動車】
    ジムニー:980kg
    スペーシア:840kg
    ラパン:840kg
    ハスラー:820kg
    ワゴンR:720kg
    アルト:610kg

    【軽商業車】
    エブリィ:840kg
    キャリィ:690kg



    【【悲報】スズキの車、いくら何でも車両重量が軽過ぎるwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/02(木) 22:18:58.30 ID:CAP_USER9
    11a7dad4ae7cdc74c8af421dfe99a1ac
    [東京 2日 ロイター] - スズキ(7269.T)の鈴木俊宏社長は2日の中間決算会見で、トヨタ自動車(7203.T)、マツダ(7261.T)、デンソー(6902.T)が設立した電気自動車(EV)の基盤技術を開発する新会社への参画を前向きに検討する意向を明らかにした。

    新会社の中心となるトヨタは設立当初から他社の参画も呼びかけており、SUBARU(スバル)(7270.T)などがすでに参画に前向きな姿勢を示している。EVの基盤技術の早期開発に向けてグループ一体で取り組むことになりそうだ。

    鈴木社長は、トヨタと提携内容の具体化についてまだ議論中だが、新会社への参画については「話があれば、前向きに検討させていただきたい」と述べた。

    EVの競争では「『チーム・ジャパン』としてやっていけるようなことを考えていかないと欧州勢、米国勢、中国勢などと対抗していくには難しい部分もある」とし、「電池の共通化などを含め、協調し合える部分は協調しながら、競争する部分は競争するということでやっていきたい」と語った。

    <インドは好調だが、「非常に不安」>

    スズキは同日、インドでの販売好調などを受け、2018年3月期の連結業績予想を上方修正。今期営業利益は従来から600億円増となる3000億円に引き上げ、3年連続で過去最高の見通し。

    17年4―9月期のインドでの四輪販売は前期比17%増の82万6000台と過去最高を更新。通期の販売見通しを従来の8%増から10%増に引き上げた。

    インド市場について、鈴木社長は「好調の一言に尽きる」と指摘する一方、EV化の波が強まる中で「非常に不安」とも話した。同社にとってインドは「あまりにもボリュームが大きい」ことから、「(EV化が)一気に進むと足元をすくわれるのではと非常に心配」と語り、業績は好調だが、「喜んでいられるような状態ではない」と警戒感を示した。

    *内容を追加しました。 白木真紀 編集:吉瀬邦彦

    配信2017年11月2日
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/suzuki-earnings-results-idJPKBN1D20RZ



    【スズキ「前向きに参画検討」、トヨタ中心のEV技術開発会社 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/10/10(火) 11:04:34.70 ID:vCHcZMJv0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    スズキが世界に誇る本格軽自動車オフローダー、『ジムニー』次期型プロトタイプが、峠のワインディング・ロードでテスト走行する姿をビデオが捉えた。
    上りでは力強い加速、下りではスムーズな走りを見せた。

    一時停止状態から加速すると同時に、軽とは思えぬ高次元の走りの質感や安定感が見て取れ、次期型の完成度の高さを感じる。パワートレインは、660cc直列3気筒ターボ+「S-エネチャージ」マイルドハイブリッドが予想されており、駆動方式はローレンジ付きAWD、またはFRを選択可能とレポートされている。

    よりボクシーになったボディは高級感もアップ。コックピットには、ジェスチャーコントロール対応の最新世代タッチ式インフォテインメントシステムが予想され、内外ともにオフローダー力がアップしているようだ。

    ワールドプレミアは、10月の東京モーターショーに期待したいが、万一出展されなくとも、2018年の発売は確実だろう。

    https://response.jp/article/2017/10/09/300823.html#cxrecs_s
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    動画
    https://youtu.be/9rjx37JU4Hs




    【【動画】 新型ジムニーの走行シーンをスクープ!発売は2018年か】の続きを読む

    このページのトップヘ