モーターちゃんねる -自動車系まとめブログ-

自動車に関連した情報・ネタなどをまとめます

    タグ:N-BOX

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/11/07(火) 21:18:09.69 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

    1位:N-BOX(ホンダ)2万1234台(52.9%増)
    2位:ムーヴ(ダイハツ)1万3972台(11.8%増)
    3位:タント(ダイハツ)1万0660台(1.0%増)
    4位:アクア(トヨタ)1万0031台(19.6%減)
    5位:プリウス(トヨタ)1万0014台(28.7%減)
    6位:ワゴンR(スズキ)8801台(48.4%増)
    7位:ミラ(ダイハツ)7483台(46.0%増)
    8位:ヴォクシー(トヨタ)7417台(6.5%減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7090台
    10位:フリード(ホンダ)7060台(22.9%減)

    http://response.jp/article/2017/11/07/302181.html
    http://response.jp/imgs/thumb_h2/1243349.jpg



    【新車販売 ホンダN-BOXが大差圧勝 日産消える・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pic_styling_01
    ホンダ N-BOX (出典:http://car-moby.jp/


    1: 2017/10/05(木) 21:39:16.92 ID:23zQYgR90 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    2017年9月の新車販売上位10車種は以下の通りである(カッコ内は前年同期比、※は軽自動車)。

    2017年9月 メーカー名 車種名 販売台数
    1位 ホンダ N-BOX 2万6983台(+32.2%)※
    2位 日産 ノート 1万5469台(+178.5%)
    3位 日産 デイズ 1万5153台(+38.5%)※
    4位 トヨタ プリウス 1万3275台(-33.8%)
    5位 トヨタ アクア 1万2896台(-16.8%)
    6位 ダイハツ ムーヴ 1万2771台(+11.0%)※
    7位 スズキ ワゴンR 1万1920台(+86.9%)※
    8位 ダイハツ タント 1万1636台(-3.3%)※
    9位 ホンダ フリード 1万808台(+211.8%)
    10位 スズキ スペーシア 9573台(+14.0%)※

    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/100509443/?rt=nocnt



    【【新車販売】N - B O X 圧 勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2017/10/06(金) 11:49:04.56 ID:CAP_USER9
    スズキは、人気の軽SUV(スポーツ用多目的車)「ハスラー」の小型普通車版を投入する。27日に始まる東京モーターショーに試作車「クロスビー」として出品。反響を見ながら発売時期を検討するが、早ければ年内にも市販される見通しだ。

    2014年1月に発売されたハスラーは、クロスカントリー仕立てのデザインやカラフルな外装色の個性派として、売れ筋がハイトワゴン一辺倒だった軽市場で存在感を発揮。日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による「RJCカーオブザイヤー」を受賞した。一方で同社は、軽依存からの脱却を目指して普通車のラインナップ拡充を急いでおり、この人気車種をベースにコストを抑えながら、新たな小型車として仕立てた。

    クロスビーは全長3.7メートル、全幅1.67メートルと、同社の看板小型車「スイフト」に匹敵するサイズ。ハスラーの愛嬌(あいきょう)のある丸みを帯びたテイストはそのままに車体を一回り大きくして、ふくよかなフェンダーや広い荷室を実現した。3気筒1リッターターボのエンジンを積み、軽が苦手とする高速巡航も苦にならない動力性能を確保する。

    このほか、同社は軽ハイトワゴン「スペーシア」次期型の試作車も出品を予定。販売台数でカテゴリー首位のホンダ「N―BOX」のシェアをどこまで奪えるか、出来栄えが注目を集めそうだ。(北林慎也)

    ハスラーの小型車版としてスズキが出品する「クロスビー」
    no title

    クロスビーの「アウトドアアドベンチャー」仕様のインパネ周り。木目調パネルをあしらい、大人びた雰囲気に
    no title

    クロスビーのリアビュー。車幅が広くなり、フェンダーがふくよかになった
    no title

    ゆったりした広さの室内。乗車定員は5人になる
    no title

    荷室の拡大は著しい。かさばる荷物も、後部座席を倒さずに収容できそう
    no title

    クロスビーの若者向け仕様「ストリートアドベンチャー」。派手な金色の加飾が目を引く
    no title

    軽SUVの現行ハスラー。丸みを帯びた愛らしいフォルムが人気
    no title

    次期型スペーシアの試作車。ベストセラーのホンダ「N―BOX」のライバルとなる
    no title

    次期型スペーシア試作車のインパネ周り。アタッシェケースのような助手席トレーが斬新
    no title


    配信2017年10月6日06時51分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKB54DMHKB5UEHF005.html



    【【スズキ】人気の軽SUVハスラー、小型車版の試作車「クロスビー」をモーターショーに出品 首位「N-BOX」のシェアをどこまで奪えるか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    10202039_201502


    1: 2017/09/03(日) 16:06:48.28 0
    http://toyokeizai.net/articles/-/186782

    ずっと売れている「化け物」のような車

    「N-BOXは新型への切り替え前でも売れ続ける、化け物のような車だ」。
    2代目の開発責任者を務めた白土清成・主任研究員は自らが手掛けた商品をそう評した。

    一般的に自動車は、発売から時間が経つと新型への切り替えを待つ”買い控え”が起こる。
    にもかかわらず、旧型のN-BOXは発売から4年以上が経った2015年、2016年と2年連続で軽乗用車販売1位になった。



    【軽自動車の中でもホンダの「N-BOX」が特に売れ続けているらしい。何がええんやろか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pic_nm_g_04


    1: 2017/08/11(金) 01:20:04.53 0
    マークXと変わらない


    【ホンダのN-BOX乗ってるけどリッター平均13キロしか走らない】の続きを読む

    このページのトップヘ